カテゴリー別アーカイブ: MT4操作

MT4の操作に関する記事をカテゴライズします。

MT4アラームの設定方法

指定した価格に到達したことを、音やメールで知らせることができます。パソコンから離れていたり、他の作業に集中したり、気を取られていても音やメールで通知を受け取ることができます。
アラームを設定するにはチャート上から操作する方法とターミナルウィンドウのアラーム設定タブから操作する方法があります。

1.アラームを設定する
2.アラームの詳細設定を行う
3.アラームを一覧で管理する

1.チャート上からアラームを設定する。

アラームを設定したい価格にカーソルをセットします。
右クリックメニューを表示して 『注文発注』 → 『警告』 を選択します。
選択すると、チャートの右側のカーソルをおいた価格に右向きの点線の矢印が表示されます。
この矢印の位置の価格でアラームがセットされています。

MT4チャート上から右クリックメニューでアラームを作成する

2.アラームの詳細設定を行う

A.詳細設定をするアラームを選択する

チャートの右側に表示されている矢印をマウスで選択します。カーソルに上下の矢印が表示されたら、右クリックメニューを表示し 『注文の変更』 を選択します。

MT4チャート上のアラームを選択し右クリックメニューで修正する

アラーム設定ウィンドウが表示されます。

MT4アラーム設定ウィンドウ

B.メールで通知する

電子メールで知らせてくれます。
チャートの前に居なくても電子メールをチェックできれば、見逃しがありません。
※別途メールの送信設定が必要となります。こちらを参照ください。

1.アクション指定

『 Mail 』を選択します

2.ソース指定

ソースの右側の『…』ボタンをクリックして、E-メール メッセージウィンドウを表示します。

MT4アラームE-メールメッセージ設定方法

件名:メールの件名を入力します。
例)『USDJPY 反転ポイントアラーム』

本文:メールの本文を入力します。
例) 『USDJPYが、レジスタンス120.751を超えました』
本文を省略して、件名にすべて入力しても構いません、使い勝手の良い方法で入力下さい。

『送信』をクリックします。メールが送信されるわけではありません、送信内容の設定が確定されます。

C.音で通知する

音を鳴らして知らせてくれます、チャートの前に居ることが前提になります。

1.アクション指定

『 Sound 』を選択します。

2.ソース指定

MT4アラーム設定サウンド通知の設定

知らせる音の種類を指定します。
▼をクリックして、アラートの音声を選択して下さい、通常AlertまたはAlert2で良いと思われます。
選択した音の種類を確認するには、選択後、『テスト』ボタンをクリックして確認できます。

D.有効期限

アラームの有効期限を日付と時間で設定します。
チェックを外すと無期限になります。
監視する相場の状況に応じて適切な有効期限を設定して下さい。
指定する日付と時間は、パソコンの日付と時間です(サーバー時間ではありません)。

E.条件

Bid>:Bidが指定価格より高くなった時アラームが起動します。

Bid<:Bidが指定価格より安くなった時アラームが起動します。

Ask>:Askが指定価格より高くなった時アラームが起動します。

Ask<:Askが指定価格より安くなった時アラームが起動します。

MT4のチャート上の価格は全てBid価格となっていますので、特別な条件で無い限りBid価格で条件指定して良いと思います。

価格:チャート上で右クリックした価格がセットされています。
チャートポイントと違う場合、価格を修正します。

※価格を指定する時の注意点
レジスタンスに対する監視をする時は、レジスタンス価格より少し安い価格を指定します。
サポートに対する監視をする時は、サポート価格より少し高い価格を指定します。

Time= を指定すると、指定時刻になるとアラームが起動します。
価格のエリアに、00:00の形式で00:00~23:59までの時間を入力します。
時間は、パソコンの時間です(サーバー時間ではありません)。

MT4アラーム設定時間が到来したらアラーム起動する設定

F.間隔設定と最大反復

間隔設定:アラームの条件が成立した時に、アラームを通知する間隔を指定します。

最大反復:アラームの条件が成立した時に、アラームを何回通知するかを指定します。

間隔:60Sec 最大反復:3 を指定した場合、1分おきに3回アラームを通知する設定となります。
電子メール通知を選択した時に、あまり多くの反復回数を指定すると何回もメールが送信されることになりますのでご注意ください。

G.テスト

『テスト』ボタンをクリックすると、Mail指定の時は、テストメールが送信されます。
Sound指定の時は、選択した音声が流れます。

『OK』ボタンをクリックすると変更内容が設定されます。

H.アラームの価格をチャート上で変更する

チャートの右側に表示されている矢印をマウスで選択します。カーソルに上下の矢印が表示されたら、ドラッグ(マウスの左ボタンを押したまま)して、カーソルを上下に動かして、アラームの矢印を希望する価格ラインに移動します。

MT4アラームの設定価格をチャート上でドラッグして変更する

3.アラームを一覧で管理する

アラームを一覧で管理するには、ターミナルウィンドウのアラーム設定タブを使用します。
ここからもアラームを追加することができますが、価格を設定するには、チャート上から操作する方が非常に簡単なので、アラーム設定タブは一覧管理に利用すると便利です。

MT4ターミナルウィンドウのアラーム設定タブ

A.アラームの変更

変更したいアラームを選択して、?右クリックメニューを表示して『修正』を選択します。

MT4ターミナルウィンドウからアラームを変更する

アラーム設定ウィンドウが表示されます。

B.アラームの削除

?削除したいアラームを選択して、?右クリックメニューを表示して『削除』を選択します。

MT4ターミナルウィンドウからアラームを削除する

C.アラームの有効、無効

変更したいアラームを選択して、?右クリックメニューを表示して『無効/有効』を選択します。

MT4ターミナルウィンドウからアラームの有効無効を操作する

1度選択すると、『有効』となり、再度選択すると、『無効』となります。

無効状態となったまま有効期限が到来したアラームは、『有効』にすると期限切れで消えてしまします。

MT4長方形の使い方

テクニカル分析で、トレンドの継続パターンの一つにレクタングルフォーメーションがあります、また、レンジを監視しレンジブレイクを狙ったり、レンジ内の上限下限でトレードする等、ト水平線を引いて長方形を作り分析する方法もありますが、他の分析のラインと重なって少し見づらい時等は、長方形を使うと見やすく使い勝手が良いのでその使い方を紹介します。

1.長方形をチャートへ挿入する。
2.長方形を修正する
3.過去チャートで上位時間軸の指定範囲を下位時間軸のチャートで確認

1.長方形をチャートへ挿入する

A.長方形を挿入モードにする

メニューバー 『挿入』 → 『図形』 → 『長方形』 を選択します。

MT4メニューバーから挿入の図形の長方形を選択します

ツールバーに長方形ボタンを表示してそこから長方形の挿入モードにすることもできます。
詳細は、こちら(MT4ツールバーをカスタマイズする)を参照ください。

B.長方形の対角の2点を指定します

長方形の入力状態になると、カーソルが下側に ☐  のついた + マークに変わります。

1.長方形の対角の頂点2点を決めます

MT4長方形の対角の頂点2点を決めます

2.2つの頂点の片方でドラッグ(マウスの左ボタンを押したまま)して、対角のもう1点へカーソルを移動しマウスの左ボタンを離します。

MT4長方形(レクタングル)を挿入します

2.長方形を修正する

A.修正の為に”選択”します。

長方形の4つの頂点のどれかにカーソルを合わせて、ダブルクリックして”選択”します。
長方形を”選択”した状態にすると各頂点と長方形のほぼ中央にに小さな『 □ 』が表示されます。

MT4長方形を選択した状態の説明

B.位置を修正する

選択した状態で長方形の頂点の『 □ 』を左ボタンでクリックしたまま、頂点の位置を移動し目的の位置に合わせてからマウスの左ボタンを離します。
残りの頂点についても同様に『 □ 』をマウスの左ボタンでクリックしたまま、頂点の位置を移動し目的の位置に合わせてからマウスの左ボタンを離します。

C.位置を正確に設定する

選択した長方形にマウスを合わせて右クリックメニューを表示し、『rectangleプロパティー』を選択します。

MT4 Rectangleウィンドウのパラメータタブで位置を指定する

rectangleウィンドウが表示されるので、『パラメータ』タブを選択します、時間と価格のエリアが二つ表示されます。
1.左上の頂点となるローソク足の時間と高値を上側の時間と価格のエリアに入力します。
2.右下の頂点となるローソク足の時間と安値を下側の時間と価格のエリアに入力し、『OK』ボタンをクリックします。

D.色を修正する

長方形は全般タブで色を設定できます。

MT4長方形の色を指定します

rectangleウィンドウの『全般』タブの色を指定します。色はお好みの色で良いと思いますが、チャートの見やすさを考量して、なるべく薄い色を選択されると良いでしょう。

E.線の種類を修正する

背景として表示をオフの時に有効です。

MT4長方形の線の種類を指定します

長方形の3点を結ぶ線の種類を指定します。
(但し、線の太さが一番細い時のみ選択可能)

F.線の太さを修正する

背景として表示をオフの時に有効です。

MT4長方形の線の太さを指定します

長方形の3点を結ぶ線の太さを指定します。

G.背景として表示

指定色の長方形を表示するのであれば、背景として表示をチェックしたままにして下さい。

MT4長方形を塗りつぶし無しとする時は、背景として表示をオフにします

背景として表示のチェックを外すと、指定色の線で囲まれた長方形となります。

3.過去チャートで上位時間軸の指定範囲を下位時間軸のチャートで確認

過去チャートを分析する時に、例えば、1時間足のチャートで上昇トレンドの範囲を、15分足のチャートで確認しようとする時に長方形を使うと、非常に簡単にトレンドの範囲をわかりやすくできます。

1時間足のチャート上で、下位時間足で分析したいトレンドの範囲を長方形で囲みます。

MT4過去チャートで分析したい上位時間足の範囲を指定します

15分足に切り替えると1時間足で指定した範囲に長方形の塗りつぶされた範囲が重なります。

MT4下位の時間足に切り替えると指定した範囲が長方形で塗りつぶされていますので確認が容易です

MT4三角形の使い方

テクニカル分析で、三角保ちあいや、フラッグ、ペナント等のチャートパターンを見つけ、トレンドライン引いて三角形を作り分析する方法もありますが、他の分析のラインと重なって少し見づらい時等は、三角形を使うと見やすく使い勝手が良いのでその使い方を紹介します。

1.三角形をチャートへ挿入する。
2.三角形を修正する

1.三角形をチャートへ挿入する

A.三角形を挿入モードにする

メニューバー 『挿入』 → 『図形』 → 『三角形』 を選択します。

?MT4メニューバーから挿入の図形の三角形を選択する

ツールバーに三角形ボタンを表示してそこから三角形の挿入モードにすることもできます。
詳細は、こちら(MT4ツールバーをカスタマイズする)を参照ください。

B.三角形の3点を指定します

三角形の入力状態になると、カーソルが下側△のついた+マークに変わります。△の左側に小さく数字の1が表示されます。また、数字は三角形の頂点を指定するごとに、2、3と変化します。

1.三角形の3つの頂点を決めます

MT4三角形の3つの頂点を決めます

2.3つの頂点を順番にクリックして三角形を指定します。

1が表示された状態で、三角形の一番目の頂点をクリックします。クリックした地点に小さな+が表示され、カーソルの左側の数字が2へ変わります。

2が表示された状態で、三角形の2番目の頂点をクリックします。クリックした地点に小さな+が表示され、カーソルの左側の数字が3へ変わります。

3が表示された状態で、三角形の3番目の頂点をクリックします。3回目のクリックで三角形が表示されます。

MT43つの頂点を順番にクリックして三角形を引いた状態

2.三角形を修正する

A.修正の為に”選択”します。

三角形の3つの頂点のどれかにカーソルを合わせて、ダブルクリックして”選択”します。
三角形を”選択”した状態にすると各頂点と三角形のほぼ中央にに小さな『 □ 』が表示されます。

MT4三角形を”選択”した状態

B.位置を修正する

選択した状態で三角形の頂点の『 □ 』を左ボタンでクリックしたまま、頂点の位置を移動し目的の位置に合わせてからマウスの左ボタンを離します。
残りの頂点についても同様に『 □ 』をマウスの左ボタンでクリックしたまま、頂点の位置を移動し目的の位置に合わせてからマウスの左ボタンを離します。

C.位置を正確に設定する

選択した三角形にマウスを合わせて右クリックメニューを表示し、『Triangleプロパティー』を選択します。

MT4 Triangleウィンドウのパラメータタブで3つの頂点を正確に指定する

Triangleウィンドウが表示されるので、『パラメータ』タブを選択します、時間と価格のエリアが三つ表示されます。
1.一つ目の頂点となるローソク足の時間と安値を上側の時間と価格のエリアに入力します。
2.二つ目の頂点となるローソク足の時間と高値を真ん中の時間と価格のエリアに入力します。
3.三つ目の頂点となる(安値)ローソク足の時間と安値を下側の時間と価格のエリアに入力し、『OK』ボタンをクリックします。

D.色を修正する

三角形は全般タブで色を設定できます。

MT4三角形の色を指定する

Triangleウィンドウの『全般』タブの色を指定します。色はお好みの色で良いと思いますが、チャートの見やすさを考量して、なるべく薄い色を選択されると良いでしょう。

E.線の種類を修正する

背景として表示をオフの時に有効です。

MT4三角形の線の種類を指定する

三角形の3点を結ぶ線の種類を指定します。
(但し、線の太さが一番細い時のみ選択可能)

F.線の太さを修正する

背景として表示をオフの時に有効です。

MT4三角形の線の太さを指定する

三角形の3点を結ぶ線の太さを指定します。

G.背景として表示

指定色の三角形を表示するのであれば、背景として表示をチェックしたままにして下さい。

MT4三角形の背景として表示をオフにして塗りつぶし無しの状態背景として表示のチェックを外すと、指定色の線で囲まれた三角形となります。

MT4チャート上にコメントを表示する

チャート上にメモやコメントを書いて表示しておきたい時は、2種類のテキストラベルを使って表示することができます。例えば、週末にテクニカル分析した結果、この通貨ペアのチャートでは、「押し目買い方針」、「↑のサポートを切るまでは買い方針」等、自分なりのメモを表示することができます。

1.テキストとテキストラベルの違い
2.テキストの入力方法
3.テキストラベルの入力方法

1.テキストとテキストラベルの違い

A.テキスト

表示位置を時間と価格で指定します。
時間の経過とともにチャートがスクロールすると左に流れて、やがて表示されなくなります。

MT4テキスト表示の例

テキストの使用例として、引いたサポートラインのあたりにトレードの方針をメモしておく
例) 『↑のサポート後陽線で買い』

B.テキストラベル

表示位置をチャートの4隅からの相対位置で指定します。
4隅からの位置を指定して表示されたままになります。チャートがスクロールしても移動しません。

MT4ラベル表示の例

テキストラベルの使用例として、上位時間軸の方向性を分析した結果をメモしておく
例) 『GBPUSD 4H買い 日足買い』

2.テキストの入力・修正方法

 A.テキストを入力するにはカーソルをテキストモード(状態)にします。

ツールバーの 『テキスト(Text)』 をクリックします。

MT4ツールバーのテキストボタンをクリックする

メニューバーの 『挿入』 → 『テキスト』 を選択します。

MT4メニューバーの挿入のテキストを選択する

テキストモードになると、カーソルが下側に abc のついた + マークに変わります。

B.Textウィンドウを表示しコメントを入力する

テキストを表示したい辺りにカーソルをセットして、マウスの左ボタンをクリックします。

MT4テキストに表示したいコメントを入力する

Textウィンドウが表示されますので、全般タブのテキスト入力エリアに入力します。

C.フォントと文字サイズと文字の色

Textウィンドウの『全般』タブのフォントで、フォント、文字サイズ、文字の色が指定できます。

1.フォント

MT4テキスト表示のフォントを指定する

お好みのフォントを選択して下さい、ただし、テキストに日本語(全角文字)を入力した場合は日本語用のフォント、ゴシック系、明朝系、メイリオ等の日本語を表示できるフォントを選択して下さい。

日本語を表示できないフォントを選択した時は文字化けします。

2.文字のサイズ

MT4テキスト表示の文字のサイズを指定する

▼をクリックして選択できます、また、直接数字を入力することも可能です、お好みのサイズを選択して下さい。

3.文字の色

MT4テキスト表示の文字の色を指定する

▼をクリックして選択できます、お好みの色を選択して下さい。

D.位置を修正する

テキストをダブルクリックして”選択”した状態で左ボタンでクリックしたまま、好みの位置に移動してマウスの左ボタンを離します。

E.位置を正確に設定する

”選択”した状態のテキストにマウスを合わせて右クリックメニューを表示します。
『Textプロパティー』を選択します。
Textウィンドウが表示されるので、『パラメータ』タブを選択します、時間と価格のエリアが表示されます。

MT4テキスト表示の表示位置を指定する

表示したいローソク足の時間と安値を時間と価格のエリアに入力し、『OK』ボタンをクリックします。
※時間と価格で表示位置を指定する時に、ローソク足の高値を表示位置に指定するとローソク足にかぶさって表示されます。

F.角度を指定する

Textウィンドウが表示されるので、『パラメータ』タブで角度を0~360の範囲で指定すると、テキストの表示角度を変更することができます。

MT4テキスト表示の表示位置を指定する

180を指定すると逆さまに表示されてしまいます。

 

3.テキストラベルの入力方法

A.テキストラベルを入力するにはカーソルをテキストラベルモード(状態)にします。

ツールバーの 『テキストラベル(Text Label)』 をクリックします。

MT4ツールバーからラベルボタンをクリックする

メニューバーの 『挿入』 → 『テキストラベル』 を選択します。

MT4メニューバーから挿入のテキストラベルを選択する

テキストラベルを入力状態になると、カーソルが下側 abc のついた + マークに変わります。
テキストの入力状態と変わらないので注意して下さい。

B.Labelウィンドウを表示しコメントを入力する

テキストラベルを表示したい辺りにカーソルをセットして、マウスの左ボタンをクリックします。

MT4テキストラベルに表示したいコメントを入力します

Labelウィンドウが表示されますので、全般タブのテキスト入力エリアに入力します。

C.フォントと文字サイズと文字の色

Textウィンドウの『全般』タブのフォントで、フォント、文字サイズ、文字の色が指定できます。

1.フォント

MT4テキストラベルのフォントを指定します

お好みのフォントを選択して下さい、ただし、テキストに日本語(全角文字)を入力した場合は日本語用のフォント、ゴシック系、明朝系、メイリオ等の日本語を表示できるフォントを選択して下さい。

日本語を表示できないフォントを選択した時は文字化けします。

2.文字のサイズ

MT4テキストラベルの文字のサイズを指定します

▼をクリックして選択できます、また、直接数字を入力することも可能です、お好みのサイズを選択して下さい。

3.文字の色

MT4テキストラベルの文字の色を指定します

▼をクリックして選択できます、お好みの色を選択して下さい。

D.位置を指定する

Labelウィンドウの『パラメータ』タブのアンカーとX-距離とY-距離で指定します。

MT4テキストラベルのパラメーターで表示位置を指定します

1.アンカー

テキストラベルが固定されるチャート上の四隅の一点です

2.X-距離(横軸方向の距離)

アンカーで指定されたチャートの四隅の一点からテキストラベルの間の横方向の距離を、ピクセル単位で表します。

3.Y-距離(縦軸方向の距離)

アンカーで指定されたチャートの四隅の一点からテキストラベルの間の縦方向の距離を、ピクセル単位で表します。

4.例1 チャートの四隅から、X-距離=0、Y-距離=0を指定した場合

MT4テキストラベルの四隅からの表示例四隅からの距離0

5.例2 チャートの四隅から、X-距離=20、Y-距離=20を指定した場合 

MT4テキストラベルの四隅からの表示例四隅からの距離20

※ X-距離、Y-距離に指定する値で位置の変化量は画面サイズや解像度により変わります。

MT4フィボナッチエキスパンションの操作

MT4では、チャート上に各種のラインオブジェクトを自由に引いたり移動したり消したりして、テクニカル分析を行うことができます。ここでは、フィボナッチエキスパンションを引く・移動する・コピーする・削除する等、フィボナッチエキスパンションを引いてトレンドの進行幅を分析するときの操作方法を紹介します。

フィボナッチエキスパンションは、上昇と押し目のスイング、下降と戻りのスイングに対してその後どれくらいの幅の進行があるのかを、フィボナッチ比率を用いて分析します。

1.フィボナッチエキスパンションを引く・移動する
2.フィボナッチエキスパンションの設定項目と設定方法
3.フィボナッチエキスパンションを削除する

1.フィボナッチエキスパンションを引く・移動する

A.フィボナッチエキスパンションを引くにはカーソルをフィボナッチエキスパンションを引くモード(状態)にします。

『ライン等』ツールバーの『フィボナッチエキスパンション(Expansionnaci Expansion)』をクリックします。
『フィボナッチエキスパンション(Expansionnaci Expansion)』ボタンが表示されていない時は、
こちらの「ツールバーの表示をカスタマイズする」を参照ください。

MT4ツールバーからフィボナッチエキスパンションをクリックする

メニューバーの『挿入』 → 『フィボナッチ』 → 『エキスパンション』 を選択します。

MT4メニューバーからフィボナッチエキスパンションを選択する

フィボナッチエキスパンションモードになると、カーソルが下側に_が3本ついた+マークに変わります。

B.上昇値動きのフィボナッチエキスパンションを引く

フィボナッチエキスパンションは、上昇スイングを決め、スイングの高値からの押し目の安値を指定する手順となります。

1.上昇の起点(安い価格)と終点(高い価格)を決めます。

MT4上昇時のフィボナッチエキスパンションを引く手順の説明

起点(1の位置)にカーソルを合わせて、マウスの左ボタンをクリックしたまま終点(2の位置)にカーソルを合わせたら、マウスの左ボタンを離します。

2.押し目の安値を決めます。

上昇時のスイングの押し目にフィボナッチエキスパンションを引く手順の説明

フィボナッチエキスパンションにカーソルを合わせて、ダブルクリックして”選択”します。”選択”した状態になると、上昇のラインに3つの小さな『 □ 』が表示されます。そして、スイングの戻りの位置に一つの小さな『 □? 』(1の位置)が表示されます。
上昇ラインの『 □ 』が正しい位置にあることを確認し、スイングの戻りの位置『 □ 』をマウスの左ボタンでクリックしたまま、スイングの押し目になるローソク足の安値(2の位置)にセットします。

C.下降値動きのフィボナッチエキスパンションを引く

フィボナッチエキスパンションは、下降スイングを決め、下降の安値からの戻りの高値を指定する手順となります。

1.下降の起点(高い価格)と終点(安い価格)を決めます。

MT4下降のフィボナッチエキスパンションを引く手順の説明

起点(1の位置)にカーソルを合わせて、マウスの左ボタンをクリックしたまま終点(2の位置)にカーソルを合わせたら、マウスの左ボタンを離します。

2.戻りの高値を決めます。

MT4下降時のスイングの戻りへフィボナッチエキスパンションを引く手順の説明

フィボナッチエキスパンションにカーソルを合わせて、ダブルクリックして”選択”します。”選択”した状態になると、上昇のラインに3つの小さな『 □ 』が表示されます。そして、スイングの戻りの位置に一つの小さな『 □? 』(1の位置)が表示されます。
上昇ラインの『 □ 』が正しい位置にあることを確認し、スイングの戻りの位置『 □ 』をマウスの左ボタンでクリックしたまま、スイングの戻りの起点になるローソク足の安値(2の位置)にセットします。

D.フィボナッチエキスパンションを修正する

1.フィボナッチエキスパンションを”選択”する

フィボナッチエキスパンションの安値と高値の二点間に引かれた点線をダブルクリックします。点線の起点と終点と中間地点に『 □ 』が三つ表示されたら”選択”状態となります。

MT4フィボナッチエキスパンションを選択した状態の説明

2.フィボナッチエキスパンションの始点と終点を修正する

フィボナッチエキスパンション起点がずれている時は、起点側の『 □ 』を左ボタンでクリックしたまま、高値または安値の位置に合わせてからマウスの左ボタンを離します。
終点側についても同様に『 □ 』をマウスの左ボタンでクリックしたまま、高値または安値の位置に合わせてからマウスの左ボタンを離します。

2.フィボナッチエキスパンションの設定項目と設定方法

A.フィボナッチエキスパンションの始点と終点を正確に設定する

”選択”したフィボナッチエキスパンションにマウスを合わせて右クリックメニューを表示します。
『Expansionプロパティー』を選択します。

MT4『Expansionプロパティー』ウィンドウのパラメータタブの説明

Expansionウィンドウが表示されるので、『パラメータ』タブを選択します、時間と価格のエリアが三つ出てきます。
上昇の値動きのフィボナッチエキスパンションを例にすると、

a.フィボナッチエキスパンションの上昇の起点となるローソク足の時間と安値を上側の時間と価格のエリアに入力します。

b.フィボナッチエキスパンションの上昇の終点となるローソク足の時間と高値を下側の価格のエリアに入力します。

c.フィボナッチエキスパンションの上昇に対する押し目のローソク足の時間と安値を下側の価格のエリアに入力し、『OK』ボタンをクリックします。

B.フィボナッチエキスパンションの色を修正する

フィボナッチエキスパンションは、スイングを表す3点を結ぶ線とエキスパンションを表すフィボナッチ比率の線にそれぞれ色が指定できます。

1.フィボナッチエキスパンションのスイングを表す3点を結ぶ線の色を指定します。

MT4フィボナッチエキスパンションのスイングを表す3点を結ぶ線の色を指定します

Expansionウィンドウの『全般』タブを選択して、スタイルの色の選択エリアで選択します。

2.フィボナッチエキスパンションのフィボナッチ比率を表す線の色を指定します。

MT4フィボナッチエキスパンションのフィボナッチ比率を表す線の色を指定します

Expansionウィンドウの『フィボナッチ・レベル』タブを選択して、スタイルの色の選択エリアで選択します。

C.フィボナッチエキスパンション線の種類を修正する

フィボナッチエキスパンションは、スイングを表す3点を結ぶ線とエキスパンションを表すフィボナッチ比率の線にそれぞれ種類が指定できます。

1.フィボナッチエキスパンションのスイングを表す3点を結ぶ線の種類を指定します。

MT4フィボナッチエキスパンションのスイングを表す3点を結ぶ線の種類を指定します

Expansionウィンドウの『全般』タブの線の種類を指定します。

直線、波線大、波線小、一点鎖線、2点鎖線を選択できます。
(但し、線の太さが一番細い時のみ選択可能)

2.フィボナッチエキスパンションのフィボナッチ比率を表す線の種類を指定します。

MT4フィボナッチエキスパンションのフィボナッチ比率を表す線の種類を指定します

Expansionウィンドウの『フィボナッチ・レベル』タブの線の種類を指定します。

直線、波線大、波線小、一点鎖線、2点鎖線を選択できます。
(但し、線の太さが一番細い時のみ選択可能)

D.フィボナッチエキスパンション線の太さを修正する

フィボナッチエキスパンションは、スイングを表す3点を結ぶ線とエキスパンションを表すフィボナッチ比率の線にそれぞれ太さが指定できます。

1.フィボナッチエキスパンションのスイングを表す3点を結ぶ線の太さを指定します。

MT4フィボナッチエキスパンションのスイングを表す3点を結ぶ線の太さを指定します

Expansionウィンドウの『全般』タブの線の太さを指定します。

線の太さは5段階の太さを選択できます。

2.フィボナッチエキスパンションのフィボナッチ比率を表す線の太さを指定します。

MT4フィボナッチエキスパンションのフィボナッチ比率を表す線の太さを指定します

Expansionウィンドウの『フィボナッチ・レベル』タブの線の太さを指定します。

線の太さは5段階の太さを選択できます。

E.フィボナッチエキスパンションのラインを延長

『ラインを延長』をチェックすると、フィボナッチエキスパンションの起点からチャートの右端一杯までエキスパンションレベルのラインが延長されます。

1.ラインを延長オン

MT4フィボナッチエキスパンションのラインを延長する説明

2.ラインを延長オフ

MT4フィボナッチエキスパンションのライン延長をオフにする説明

起点と終点の期間が短い場合、エキスパンションレベルの線が短く表示される場合があります。

F.フィボナッチエキスパンション説明を入力しチャートに表示する

Expansionウィンドウの『全般』タブを選択して、『説明』の入力エリアに説明を入力します。
チャートのプロパティーでライン等の説明を表示をオンにしておくと、フィボナッチエキスパンションの説明が表示されます。
入力した説明は、フィボナッチエキスパンションの起点のあたりに表示されます。

MT4フィボナッチエキスパンション説明を入力しチャートに表示する

G.フィボナッチレベルを追加する

基準とする上昇(下降)に対して、押し目戻りの位置からのエキスパンション比率FE61.8%、FE100%、FE161.8%、FE176.4%は設定されていますが、その他は未設定になっています。

ここでは、FE123.6%を追加する例を紹介します。

1.Expansionウィンドウの『フィボナッチ・レベル』タブを選択します。

MT4Expansionウィンドウの『フィボナッチ・レベル』タブの説明

2.ボタン『追加』をクリックします。

MT4「追加」ボタンのクリックしてフィボナッチエキスパンションレベルを追加する

レベル設定と説明が表示された欄に1行追加されます。

3.追加された行のレベル設定と説明に入力します。

MT4追加したエキスパンションレベルに設定値と説明を入力します

A.レベル設定

レベル設定の入力欄をクリックします。
レベル設定の欄に、「1.236」(半角の数字)を入力します。
この値がフィボナッチ比率の計算値となります。

B.説明

説明の入力欄をクリックします。
説明の欄に、「123.6」を入力します。
この文字がフィボナッチエキスパンションレベルで表示されるレベル説明の表示となります。

MT4フィボナッチエキスパンションのレベルが追加され表示されます

H.フィボナッチエキスパンションレベルに対応する、価格の数値をチャートに表示する設定

初期設定のままだと、フィボナッチエキスパンションを引いても、エキスパンションレベルには、フィボナッチ比率が表示されているだけです。以下の設定を行うとエキスパンションレベルの価格を表示できます。

1.Expansionウィンドウの『フィボナッチ・レベル』タブを選択します。

MT4Expansionプロパティーウィンドウを開きフィボナッチ・レベルタブを選択します

フィボナッチエキスパンションの各レベルの設定が表示されます。

2.説明の欄に「%$」の値を付加します。

MT4フィボナッチエキスパンションレベルの説明を変更したい欄をクリックします

入力する為に説明の欄をクリックします。ダブルクリックして、その後もう1回クリックします。

MT4フィボナッチエキスパンションの各レベルに価格が表示された例

「FE 61.8」 → 「FE 61.8  %$」のように入力します。
FE 61.8と%$の間は半角の空白を2つ挿入しています。これは表示された時に、数字と数字の間に空白を挿入して見やすいようにしています。

「FE 61.8」→「FE 61.8  %$」または、「FE 61.8」→「FE 61.8 : %$」でもお好みのセパレーションを挿入して見やすくして下さい。

全てのレベルの説明欄に「%$」を加えると、各レベルの価格がフィボナッチエキスパンションレベルに表示されるようになります。

3.フィボナッチエキスパンションを削除する

削除したいフィボナッチエキスパンションを”選択”した状態にして、カーソルを削除したいフィボナッチエキスパンションの始点と終点を結ぶ線に合わせます、右クリックメニューを表示して、『削除』を選択します。

※ここでは、フィボナッチエキスパンションを引く時の操作について紹介しています。
フィボナッチエキスパンションは、トレンドが継続した場合のターゲットとなる位置をフィボナッチ比率で目安として示してくれます、別途、テクニカル分析でフィボナッチエキスパンションのトレード上の利用法について紹介したいと思っています。

MT4フィボナッチリトレースメントの操作

MT4では、チャート上に各種のラインオブジェクトを自由に引いたり移動したり消したりして、テクニカル分析を行うことができます。ここでは、フィボナッチリトレースメントを引く・移動する・コピーする・削除する等、フィボナッチリトレースメントを引いてトレンドの戻りの幅を分析するときの操作方法を紹介します。

フィボナッチリトレースメントとは、一定幅の上昇、下降に対して、どれくらいの押し目幅があるのか、どれくらいの戻しがあるのかを、フィボナッチ比率を用いて分析します。

1.フィボナッチリトレースメントを引く・移動する
2.フィボナッチリトレースメントの設定項目と設定方法
3.フィボナッチリトレースメントを削除する

1.フィボナッチリトレースメントを引く・移動する

A.フィボナッチリトレースメントを引くにはカーソルをフィボナッチリトレースメントを引くモード(状態)にします。

『ライン等』ツールバーの『フィボナッチリトレースメント(Fibonaci Retracement)』をクリックします。

MT4ツールバーのフィボナッチリトレースメントボタンでフィボナッチリトレースメントを指定する

メニューバーの『挿入』 → 『フィボナッチ』 → 『リトレースメント』 を選択します。

MT4メニューバーから挿入→フィボナッチ→リトレースメントでフィボナッチリトレースメントを挿入する

フィボナッチリトレースメントモードになると、カーソルが下側に_が四本のついた+マークに変わります。

B.上昇値動きのフィボナッチリトレースメントを引く

上昇の起点(安い価格)と終点(高い価格)を決めます。

MT4上昇値動きのフィボナッチリトレースメントを引く

起点(1の位置)にカーソルを合わせて、マウスの左ボタンをクリックしたまま終点(2の位置)にカーソルを合わせたら、マウスの左ボタンを離します。

C.下降値動きのフィボナッチリトレースメントを引く

下降の起点(高い価格)と終点(安い価格)を決めます。

MT4下降値動きのフィボナッチリトレースメントを引く

起点(1の位置)にカーソルを合わせて、マウスの左ボタンをクリックしたまま終点(2の位置)にカーソルを合わせたら、マウスの左ボタンを離します。

D.フィボナッチリトレースメントを修正する

1.フィボナッチリトレースメントを”選択”する

フィボナッチリトレースメントの安値と高値の二点間に引かれた点線をダブルクリックします。点線の起点と終点と中間地点に『 □ 』が三つ表示されたら”選択”状態となります。

MT4フィボナッチリトレースメントを”選択”する

2.フィボナッチリトレースメントの起点と終点を修正する

フィボナッチリトレースメント起点がずれている時は、起点側の『 □ 』を左ボタンでクリックしたまま、高値または安値の位置に合わせてからマウスの左ボタンを離します。
終点側についても同様に『 □ 』をマウスの左ボタンでクリックしたまま、高値または安値の位置に合わせてからマウスの左ボタンを離します。

Tip:マウスの左ボタンを離す位置は、高値の真上、安値の真下にカーソルを合わせてマウスのボタンを離すと磁石機能が効きやすいです。

2.フィボナッチリトレースメントの設定項目と設定方法

A.フィボナッチリトレースメントの起点と終点を正確に設定する

”選択”したフィボナッチリトレースメントにマウスを合わせて右クリックメニューを表示します。
『Fiboプロパティー』を選択します。

MT4Fiboウィンドウの『パラメータ』タブの説明

Fiboウィンドウが表示されるので、『パラメータ』タブを選択します、時間と価格のエリアが二つ出てきます。
上昇の値動きのフィボナッチリトレースメントを例にすると、
フィボナッチリトレースメントの起点となるローソク足の時間と安値を上側の時間と価格のエリアに入力します。
フィボナッチリトレースメントの終点となるローソク足の時間と高値を下側の価格のエリアに入力し、『OK』ボタンをクリックします。

B.フィボナッチリトレースメントの色を修正する

フィボナッチリトレースメントは、起点と終点の2点間を結ぶ線とリトレースメントレベルの線に、それぞれ色が指定できます。

1.フィボナッチリトレースメントの起点と終点の2点間を結ぶ線の色を指定します。

MT4フィボナッチリトレースメントの起点と終点の2点間を結ぶ線の色を指定

Fiboウィンドウの『全般』タブを選択して、スタイルの色の選択エリアで選択します。

2.フィボナッチリトレースメントのリトレースメントレベルの線の色を指定します。

MT4フィボナッチリトレースメントのリトレースメントレベルの線の色を指定

Fiboウィンドウの『フィボナッチ・レベル』タブを選択して、スタイルの色の選択エリアで選択します。

C.フィボナッチリトレースメント線の種類を修正する

フィボナッチリトレースメントは、起点と終点の2点間を結ぶ線とリトレースメントレベルの線に、それぞれ線の種類が指定できます。

1.フィボナッチリトレースメントの起点と終点の2点間を結ぶ線の種類を指定します。

MT4フィボナッチリトレースメントの起点と終点の2点間を結ぶ線の種類を指定

直線、波線大、波線小、一点鎖線、2点鎖線を選択できます。
(但し、線の太さが一番細い時のみ選択可能)

2.フィボナッチリトレースメントのリトレースメントレベルの線の種類を指定します。

MT4フィボナッチリトレースメントのリトレースメントレベルの線の種類を指定

直線、波線大、波線小、一点鎖線、2点鎖線を選択できます。
(但し、線の太さが一番細い時のみ選択可能)

D.フィボナッチリトレースメント線の太さを修正する

フィボナッチリトレースメントは、起点と終点の2点間を結ぶ線とリトレースメントレベルの線に、それぞれ線の太さが指定できます。

1.フィボナッチリトレースメントの起点と終点の2点間を結ぶ線の太さを指定します。

MT4フィボナッチリトレースメントの起点と終点の2点間を結ぶ線の太さを指定

線の太さは5段階の太さを選択できます。

2.フィボナッチリトレースメントのリトレースメントレベルの線の太さを指定します。

MT4フィボナッチリトレースメントのリトレースメントレベルの線の太さを指定

線の太さは5段階の太さを選択できます。

E.フィボナッチリトレースメントのラインを延長

『ラインを延長』をチェックすると、フィボナッチリトレースメントの起点からチャートの右端一杯までリトレースメントレベルのラインが延長されます。

1.ラインを延長オン

MT4フィボナッチリトレースメントのラインを延長設定した場合の表示説明

2.ラインを延長オフ

MT4フィボナッチリトレースメントのラインを延長オフの場合の表示説明

起点と終点の期間が短い場合、リトレースメントレベルの線が短く表示される場合があります。

F.フィボナッチリトレースメント説明を入力しチャートに表示する

Fiboウィンドウの『全般』タブを選択して、『説明』の入力エリアに説明を入力します。
チャートのプロパティーでライン等の説明を表示をオンにしておくと、フィボナッチリトレースメントの説明が表示されます。
入力した説明は、フィボナッチリトレースメントの起点から終点のラインに沿って表示されます。

MT4フィボナッチリトレースメント説明を入力しチャートに表示

G.フィボナッチリトレースメントレベルを追加する

リトレースメントレベルは、価格差の0.0%、23.6%、38.2%、50%、61.8%、100%、161.8%、261.8%、423.6%は設定されています。この他にレベルを追加した時の操作を紹介します。

76.4%リトレースメントレベルの追加を例にとります。

1.Fiboウィンドウの『フィボナッチ・レベル』タブを選択します。

MT4フィボナッチリトレースメントレベルを追加の為Fiboウィンドウの『フィボナッチ・レベル』タブを選択

2.ボタン『追加』をクリックします。

MT4フィボナッチリトレースメントレベルを追加するボタン『追加』をクリックした状態の説明

レベル設定と説明が表示された欄に1行追加されます。

3.追加された行のレベル設定と説明に入力します。

MT4フィボナッチリトレースメントレベルを追加する追加された行のレベルと説明に入力する

A.レベル設定

レベル設定の入力欄をクリックします。
レベル設定の欄に、「0.764」(半角の数字)を入力します。
この値がフィボナッチ比率の計算値となります。

B.説明

説明の入力欄をクリックします。
説明の欄に、「76.4」を入力します。
この文字がフィボナッチリトレースメントレベルで表示されるレベル説明の表示となります。

MT4フィボナッチリトレースメントレベルを追加した結果、表示されたリトレースメントレベルライン

リトレースメントレベルを追加した結果、表示されたライン

H.フィボナッチリトレースメントレベルに対応する、価格の数値をチャートに表示する設定

初期設定のままだと、フィボナッチリトレースメントを引いても、リトレースメントレベルには、フィボナッチ比率が表示されているだけです。以下の設定を行うとリトレースメントレベルの価格を表示できます。

1.Fiboウィンドウの『フィボナッチ・レベル』タブを選択します。

MT4フィボナッチリトレースメントのプロパティーウィンドウのフィボナッチ・レベルを表示する

フィボナッチリトレースメントの各レベルの設定が表示されます。

2.説明の欄に「%$」の値を付加します。

MT4フィボナッチリトレースメントレベルに対応する、価格の数値をチャートに表示する設定の説明

入力する為に説明の欄をクリックします。ダブルクリックして、その後もう1回クリックします。

MT4フィボナッチリトレースメントレベルに対応する、価格の数値をチャートに表示する設定の結果価格が表示される

「0.0」 → 「0.0  %$」のように入力します。
0.0と%$の間は半角の空白を2つ挿入しています。これは表示された時に、数字と数字の間に空白を挿入して見やすいようにしています。

「0.0」→「0.0 – %$」または、「0.0」→「0.0 : %$」でもお好みのセパレーションを挿入して見やすくして下さい。

各レベルは、0.0、23.6、38.2、50、61.8、100、161.8、261.8、423.6、76.4、と並んでいます。これらのレベルの全ての説明欄に「%$」と入力します。

3.フィボナッチリトレースメントを削除する

削除したいフィボナッチリトレースメントを”選択”した状態にして、カーソルを削除したいフィボナッチリトレースメントの起点と終点を結ぶ線に合わせます、右クリックメニューを表示して、『削除』を選択します。

※ここでは、フィボナッチリトレースメントを引く時の操作について紹介しています。
フィボナッチリトレースメントは、押し目や戻りの位置を明示するだけでなく、トレンドの強さや弱さを測る目安にもなります、別途、テクニカル分析でフィボナッチリトレースメントのトレード上の利用法について紹介したいと思っています。

MT4チャネルラインの操作

MT4では、チャート上に各種のラインオブジェクトを自由に引いたり移動したり消したりして、テクニカル分析を行うことができます。ここでは、チャネルラインを引く・移動する・コピーする・削除する等、チャネルラインを引いてトレンドの動きの幅を分析するときの操作方法を紹介します。

1.チャネルラインを引く・移動・コピーする
2.チャネルラインの設定項目と設定方法
3.チャネルラインを削除する

1.チャネルラインを引く・移動・コピーする

A.チャネルラインを引くにはカーソルをチャネルラインを引くモード(状態)にします。

『ライン等』ツールバーの『チャネル等距離(Equidstance Chanel)』をクリックします。

MT4ツールバーのチャネルラインボタンでチャネルラインを指定する

メニューバーの 『挿入』 → 『チャネル』 → 『等距離』 を選択します。

MT4メニューバーから挿入→チャネル→等距離でチャネルラインを挿入する

チャネルラインモードになると、カーソルが下側に // のついた + マークに変わります。
チャネルには他に、フィボナッチチャネル、線形回帰チャネル、標準偏差チャネルがありますが、ここでは一般的な等距離のチャネルを紹介します。

B.上昇チャネルラインを引く

チャネルラインは、ベースラインを引いて、その後ペアラインを指定する手順となります。

MT4上昇チャネルラインを引く手順の説明

チャネルラインモードで、チャネルベースラインを引く起点の安値(1の位置)にカーソルを合わせて、マウスの左ボタンを押したままチャネルベースラインが通る、もう一点の安値(2の位置)にカーソルを合わせてマウスの左ボタンを離すとチャネルラインがが引かれます。

MT4上昇チャネルラインを引くペアラインの設定手順の説明

次に、チャネルラインにカーソルを合わせて、ダブルクリックして”選択”します。”選択”した状態になると、チャネルラインのベースラインに3つの小さな『 □ 』が表示されます。そして、チャネルのペアラインに一つの小さな『 □ 』(1の位置)が表示されます。
ベースラインの『 □ 』が正しい位置にあることを確認し、ペアラインの『 □ 』をマウスの左ボタンでクリックしたまま、ベースラインの対になるローソク足の高値(2の位置)にセットします。

C.下降チャネルラインを引く

MT4下降チャネルラインを引く手順の説明

チャネルラインモードで、チャネルベースラインを引く起点の高値(1の位置)にカーソルを合わせて、マウスの左ボタンを押したまま下降チャネルベースラインが通る、もう一点の高値(2の位置)にカーソルを合わせてマウスの左ボタンを離すとチャネルラインがが引かれます。

MT4下降チャネルラインを引くペアラインを設定する手順の説明

次に、チャネルラインにカーソルを合わせて、ダブルクリックして”選択”します。”選択”した状態になると、チャネルラインのベースラインに3つの小さな『 □ 』が表示されます。そして、チャネルのペアラインに一つの小さな『 □ 』(1の位置)が表示されます。
ベースラインの『 □ 』が正しい位置にあることを確認し、ペアラインの『 □ 』をマウスの左ボタンでクリックしたまま、ベースラインの対になるローソク足の安値(2の位置)にセットします。

D.チャネルラインを修正する

チャネルラインを修正する引いては見たが、微妙に位置がずれていたりします、そういう時は、チャネルラインを”選択”して、修正しましょう。

1.チャネルラインを”選択”する

修正したいチャネルラインにカーソルを合わせておいて、ダブルクリックして”選択”します。 ”選択”した状態になるとチャネルラインのベースラインに3つの小さな『 □ 』が、チャネルラインのペアラインに1つの小さな『 □ 』が表示されます。

MT4チャネルライン選択状態の説明

2.チャネルラインの位置を修正する

チャネルラインの傾きを維持したまま移動するときの方法です。
”選択”した状態でチャネルライン真ん中の『 □ 』 にカーソルを合わせて、ドラッグ(マウスの左ボタンを押したまま)した状態で上下に移動することができます。
希望の位置に動かしたら、マウスの左ボタンを離すと位置が固定されます。

3.チャネルラインの通過点を修正する

A.ベースラインの修正

ベースラインが通るべき高値または安値とベースラインがずれている時は、ベースラインの両側の『 □ 』を左ボタンでクリックしたまま、高値または安値の位置に合わせてからマウスの左ボタンを離します。

Tip:マウスの左ボタンを離す位置は、高値の真上、安値の真下にカーソルを合わせてマウスのボタンを離すと磁石機能が効きやすいです。

B.ペアラインの修正

ペアラインをセットすべき高値または安値からペアラインがずれている時は、『 □ 』をマウスの左ボタンでクリックしたまま、対になるローソク足の高値または安値の位置に合わせてからマウスの左ボタンを離します。

Tip:マウスの左ボタンを離す位置は、高値の真上、安値の明日にカーソルを合わせて離すと磁石機能が有効に効きやすいです。

4.チャネルラインの”選択”を解除する

修正が終わったら、チャネルラインをダブルクリックして、チャネルラインの”選択”を解除します。”選択”したままにすると、誤操作でチャネルラインの位置をずらしてしまうことがあります。

E.チャネルラインをコピーする

同じ傾斜角のチャネルラインをコピーすることができます。

1.チャネルラインを選択します。

コピーしたいチャネルラインにカーソルを合わせておいて、ダブルクリックして”選択”します。 ”選択”した状態になるとチャネルラインに3つの小さな『 □ 』が表示されます。

2.チャネルラインをコピーします。

『CTL』キーを押しながら、”選択”した状態のチャネルラインにカーソルを合わせて、ドラッグ(マウスの左ボタンを押したまま)した状態で上下に移動するとコピーできます。

2.チャネルラインの設定項目と設定方法

A.チャネルラインの位置を正確に設定する

”選択”したチャネルにマウスを合わせて右クリックメニューを表示します。
『Chanelプロパティー』を選択します。

?MT4チャネルラインの起点と通過点のペアラインの位置を正確に指定する

Chanelウィンドウが表示されるので、『パラメータ』タブを選択します、時間と価格のエリアが三つずつ出てきます。
上昇チャネルラインをの設定を例にすると、
a.ベースラインの起点のローソク足の時間と安値を上側の時間と価格のエリアに入力します。
b.ベースラインの通過点のローソク足の時間と安値を真ん中の価格のエリアに入力します。
c.ペアラインの対になるローソク足時間と高値を下側の価格のエリアに入力し、『OK』ボタンをクリックします。

B.チャネルラインの色を修正する

Chanelウィンドウの『全般』タブを選択して、スタイルの色の選択エリアで選択します。

MT4チャネルラインの色を指定する

C.チャネルラインの線の種類を修正する

直線、波線大、波線小、一点鎖線、2点鎖線を選択できます。
(但し、線の太さが一番細い時のみ選択可能)

MT4チャネルラインの線の種類を選択する

D.チャネルラインの線の太さを修正する

線の太さは5段階の太さを選択できます。

MT4チャネルラインの線の太さを指定する

E.チャネルラインのラインを延長

チャネルラインは2点間を結んだ線と対になる平行線の間の値動きを観察する分析ツールです。
チャネルラインを引いたけど2点間を結んだ線と同じ長さの対になる平行線が引かれているだけの時は、『ラインを延長』をチェックしましょう。

1.ラインを延長オン

MT4チャネルラインの線を延長した時の表示例

2.ラインを延長オフ

MT4チャネルライン線の延長をしない時の表示例

F.チャネルラインの説明を入力する

Chanelウィンドウの『全般』タブを選択して、『説明』の入力エリアに説明を入力します。
チャートのプロパティーでライン等の説明を表示をオンにしておくと、チャネルラインの説明が表示されます。
入力した説明は、チャネルラインの起点のあたりに表示されます。
(チャネルラインに沿って表示されますので大半斜めになります)

MT4チャネルラインの説明を入力しチャートに表示する

G.チャネルラインを背景として表示

背景として表示をオンにすると、チャネルラインのベースラインとペアラインの間が、指定色で塗りつぶされます。

MT4チャネルラインのプロパティで背景として表示をオンにした時の表示例

この機能を利用される時は、少し薄い色を指定すると見やすくなるようです。

3.チャネルラインを削除する

削除したいチャネルラインを”選択”した状態にして、カーソルを削除したいチャネルラインに合わせます、右クリックメニューを表示して、『削除』を選択します。

 

※ここでは、チャネルラインを引く時の操作について説明しています。
チャネルは、値動きを分析し次の値動きを読むには、すぐれたツールです、別途、テクニカル分析でチャネルの利用方法について紹介してみたいと思っています。

 

MT4トレンドラインの操作

MT4では、チャート上に各種のラインオブジェクトを自由に引いたり移動したり消したりして、テクニカル分析を行うことができます。ここでは、トレンドラインを引く・移動する・コピーする・削除する等、トレンドラインを引いてトレンドの方向性を分析するときの操作方法を紹介します。

1.トレンドラインを引く・移動・コピーする
2.トレンドラインの設定項目と設定方法
3.トレンドラインを削除する

1.トレンドラインを引く・移動・コピーする

A.トレンドラインを引くにはカーソルをトレンドラインを引くモード(状態)にします。

『ライン等』ツールバーの 『トレンドライン(Trend Line)』 をクリックします。

MT4ツールバーのトレンドラインボタンでトレンドラインを指定する

メニューバーの 『挿入』 → 『ライン』 → 『トレンドライン』 を選択します。

MT4メニューバーから挿入→ライン→トレンドラインでトレンドラインを挿入する

トレンドラインモードになると、カーソルが下側に / のついた + マークに変わります。

B.上昇トレンドラインを引く

MT4上昇トレンドラインを引く手順の説明

トレンドラインモードで、トレンドラインを引く起点の安値(1の位置)にカーソルを合わせて、マウスの左ボタンを押したまま上昇トレンドラインが通る、もう一点の安値(2の位置)にカーソルを合わせてマウスの左ボタンを離すと上昇トレンドラインが引かれます。

C.下降トレンドラインを引く

MT4下降トレンドラインを引く手順の説明

トレンドラインモードで、トレンドラインを引く起点の高値(1の位置)にカーソルを合わせて、マウスの左ボタンを押したまま下降トレンドラインが通る、もう一点の高値(2の位置)にカーソルを合わせてマウスの左ボタンを離すと下降トレンドラインが引かれます。

D.トレンドラインを修正する

トレンドラインを修正する引いては見たが、微妙に位置がずれていたりします、そういう時は、トレンドラインを”選択”して、修正しましょう。

1.トレンドラインを”選択”する

修正したいトレンドラインにカーソルを合わせておいて、ダブルクリックして”選択”します。 ”選択”した状態になるとトレンドラインに3つの小さな『 □ 』が表示されます。

MT4トレンドライン選択状態の説明

2.トレンドラインの位置を修正する

トレンドラインの傾きを維持したまま移動するときの方法です。
”選択”した状態でトレンドライン真ん中の『 □ 』 にカーソルを合わせて、ドラッグ(マウスの左ボタンを押したまま)した状態で上下に移動することができます。
希望の位置に動かしたら、マウスの左ボタンを離すと位置が固定されます。

3.トレンドラインの通過点を修正する

トレンドラインが通るべき高値または安値とトレンドラインがずれている時は、両側の『 □ 』を左ボタンでクリックしたまま、高値または安値の位置に合わせてからマウスの左ボタンを離します。

4.トレンドラインの”選択”を解除する

修正が終わったら、トレンドラインをダブルクリックして、トレンドラインの”選択”を解除します。”選択”したままにすると、誤操作でトレンドラインの位置をずらしてしまうことがあります。

E.トレンドラインをコピーする

同じ傾斜角のトレンドラインをコピーすることができます。

1.トレンドラインを選択します。

コピーしたいトレンドラインにカーソルを合わせておいて、ダブルクリックして”選択”します。 ”選択”した状態になるとトレンドラインに3つの小さな『 □ 』が表示されます。

2.トレンドラインをコピーします。

『CTL』キーを押しながら、”選択”した状態のトレンドラインにカーソルを合わせて、ドラッグ(マウスの左ボタンを押したまま)した状態で上下に移動するとコピーできます。

MT4トレンドラインコピー手順の説明

※注意 コピーしたトレンドラインを移動するときは、必ず真ん中の『 □ 』をドラッグして移動して下さい。起点と通過点の『 □ 』をドラッグすると、傾きが変わってしまいます。
(傾きを変更した時は、この限りではありません。)

2.トレンドラインの設定項目と設定方法

A.トレンドラインの位置を正確に設定する

”選択”したトレンドラインにマウスを合わせて右クリックメニューを表示します。
『Trend Lineプロパティー』を選択します。

MT4トレンドラインの起点と通過点の位置を正確に指定する

Trend Lineウィンドウが表示されるので、『パラメータ』タブを選択します、時間と価格のエリアが二つずつ出てきます。
上昇トレンドラインの設定を例にすると、
トレンドラインの起点となるローソク足の時間と安値を上側の時間と価格のエリアに入力します。
トレンドラインの通過点点となるローソク足の時間と安値を下側の価格のエリアに入力し、『OK』ボタンをクリックします。

B.トレンドラインの色を修正する

Trend Lineウィンドウの『全般』タブを選択して、スタイルの色の選択エリアで選択します。

MT4トレンドラインの色を指定する

C.トレンドラインの線の種類を修正する

直線、波線大、波線小、一点鎖線、2点鎖線を選択できます。
(但し、線の太さが一番細い時のみ選択可能)

MT4トレンドラインの線の種類を選択する

D.トレンドラインの線の太さを修正する

線の太さは5段階の太さを選択できます。

MT4トレンドラインの線の太さを指定する

E.トレンドラインのラインを延長

トレンドラインは2点間を結んでその延長線上でのチャートの動きを観察する分析ツールです。
トレンドラインを引いたけど2点間を結んだ線が引かれているだけの時は、『ラインを延長』をチェックしましょう。

1.ラインを延長オン

MT4トレンドラインの線を延長した時の表示例

2.ラインを延長オフ

MT4トレンドライン線の延長をしない時の表示例

トレンドラインを水平に引いて、ライン延長オフ設定にすると2点間を結ぶ水平線を引くことができます。

MT4トレンドラインを水平線として引く

※トレンドラインを水平に引いてライン延長無し設定にして、コメントを表示すると、ちょっとしたサポートレジスタンスの意味をメモするのに便利です。

F.トレンドラインの説明を入力する

Trend Lineウィンドウの『全般』タブを選択して、『説明』の入力エリアに説明を入力します。
チャートのプロパティーでライン等の説明を表示をオンにしておくと、トレンドラインの説明が表示されます。
入力した説明は、トレンドラインの起点のあたりに表示されます。(トレンドラインに沿って表示されますので大半斜めになります)

MT4トレンドラインの説明を入力しチャートに表示する

G.トレンドラインを背景として表示

トレンドラインを背景として表示して、ローソク足を前面に表示します。チャートプロパティーの設定項目の『チャートを前面に表示』と同じ表示になります。こちらを参照ください。
チャートプロパティーで、『チャートを前面に表示』と設定している場合、設定する必要はありません。

3.トレンドラインを削除する

削除したいトレンドラインを”選択”した状態にして、カーソルを削除したいトレンドラインに合わせます、右クリックメニューを表示して、『削除』を選択します。

MT4E-メールの設定方法

MT4から電子メールを送信する設定方法を紹介します。
この設定を行うことで、アラーム設定で電子メールを送信したり、インディケーター、EAから電子メールを送信できるようになります。

1.メール設定の事前確認
2.MT4 E-メール設定方法

1.メール設定の事前確認事項

メールを送信するに当たり、メール送信用のサーバーを利用しなければなりません、その為、設定前に以下の情報をご利用のメールサービスで確認する必要があります。

・SMTPサーバー名
・SMTPサーバーのポート番号
・SMTPサーバーのログインID
・SMTPサーバーのログインパスワード

A.無料メールの場合

yahooメール、Hotmail、gmail、Exciteメール等を送信用サーバーとして利用する方は、
『○○○メール SMTP設定』で検索して、SMTPサーバーとSMTPサーバーのポート番号、SMTPサーバーのログインIDを確認して下さい。

B.プロバイダー等有償メールの場合

有償メールサービスを送信用サーバーとして利用する方は、サービス提供元のホームページで、SMTPサーバーとSMTPサーバーのポート番号、SMTPサーバーのログインIDを確認して下さい。

2.MT4 E-メール設定方法

A.MT4 E-メール 設定ウィンドウを表示する

メニューバーの 『ツール』 → 『オプション』 を選択して、オプションウィンドウを表示します。

MT4メニューバーのツールのオプション

オプションウィンドウのE-メールタブを選択します。
以下のガイドに従い、各項目を設定します。

B.MT4 E-メール 設定項目を設定する

MT4オプションウィンドウE-メール設定の説明

a.有効にする:

チェックして有効にします。各項目が入力可能となります。

b.SMTPサーバー

送信用メールサーバーのアドレス+ポート番号です。サーバーアドレスとポート番号の間は「:」で区切ります。
例  yahooの場合  smtp.mail.yahoo.co.jp:587
   hotmailの場合 smtp.live.com:25

c.SMTPログインID

送信用メールサーバーにアクセスする為のログインIDです。

d.SMTPパスワード

送信用メールサーバーにアクセスする為のパスワードです。

e.発信元

MT4の通知を送信する電子メールの差出人のメールアドレスです。
通常、メール送信用サーバーで設定したログインIDに紐付いたメールアドレスとなります。

f.送信先

MT4からの電子メールを受け取りたいメールアドレスを指定します。
携帯電話、スマートフォンのメールアドレスに送れば、パソコンの前を離れていても、メールで通知を受け取ることができます。
携帯電話、スマートフォンの場合、発信元で指定したメールアドレスからの受信を可能に設定しておく必要があります。

C.テストメールを送信する

「テスト」ボタンをクリックすると、送信先に設定したメールアドレスへテストメールを送信することができます。
設定が正しいか確認の為、テストメールの送信を実行し、受信を確認しておきましょう。

複数のMT4のチャートを同期する

MT4を使い始めると、2台のパソコンにそれぞれMT4がインストールされていて、分析した結果を同期したい、同じ証券会社口座が複数ありMT4を複数インストールしているのでチャートを同期したい、複数の証券会社のMT4をインストールしていて多少価格が違うけど同期したい、と思うことがあります。

EAを稼働させたりするのであれば、同期を取る必要もないのですが、裁量トレードの分析の場合、同期を取りたくなる場合が多いのではないでしょうか、特に複数の通貨ペアを分析してトレードチャンスを覗っている方であれば。事務所のパソコンのMT4のチャートと、自宅のパソコンのMT4のチャートが同期できたら非常に便利ですね。

MT4のチャートを同期するには、組表示(チャートグル―プ)の機能を使えば、簡単に実現できます。
(組表示についてはこちらを参照ください。)

1.2台のパソコンで、同じ証券会社のMT4間でチャートを同期する
2.1台のパソコンで、複数の証券会社のMT4間でチャートを同期する

1.2台のパソコンで、同じ証券会社のMT4間でチャートを同期する

A.準備

1.同期を取る各MT4のカスタムインディケーターは、同じものをインストールします。
 (同期するチャートで使用していない場合は必要ありません)

2.同期を取る各MT4のエキスパートアドバイザーは、同じものをインストールします。
 (同期するチャートで使用していない場合は必要ありません)

3.移動用のリムーバブルメディア(USBメモリー等)
※注:やり方が分かる方は、メール添付で送信、共有でコピー等、その他のコピー手段でもOK

B.同期元となるMT4でチャートグル―プを作成する

1.コピーするチャートの確認

初めてチャートグル―プを作成される方は、『Default』というチャートグル―プが開かれているはずです。そのデフォルトの中に、現在分析してトレードしている、同期したい通貨ペアのチャートが全て開かれていることを確認します。

MT4チャートグル―プデフォルト表示

2.組表示の名前を付けて保存を選択します。

MT4組表示(チャートグル―プ)名前を付けて保存する

3.「MychartGroupe」等お好みの名前を付けて保存します。

MT4組表示(チャートグル―プ)名前を付けて保存する名前を入力

C.チャートグル―プの定義をコピーして同期する

1.コピー元のデータフォルダーを開きます

MT4データフォルダーを開く

MT4で『データフォルダーを開く』を選択してデータフォルダーを開きます。

MT4のデータフォルダーを開いた最上位フォルダー

データフォルダーの中のか「profiles」フォルダーをクリックして開きます。

MT4組表示(チャートグル―プ)の定義が保存されているフォルダー

「MyChartGroupe」というフォルダーがあることを確認します

2.リムーバブルメディア(USBメモリー等)へコピーする

この「MyChartGroupe」フォルダーを丸ごとコピーします。

3.コピー先へリムーバブルメディアからコピーする

コピー先のデータフォルダーを開きます。

MT4で『データフォルダーを開く』を選択してデータフォルダーを開きます。

profilesフォルダーをクリックして開きます。

そこへリムーバブルメディアの「MyChartGroupe」フォルダーを丸ごとコピーします。
(上書きコピー)

データフォルダーを閉じます。

4.MT4を再起動

5.チャートグル―プ「MyChartGroupe」を選んで表示します。

MT4組表示(チャートグル―プ)コピー先での表示

コピー元とコピー先のパソコンの画面サイズや解像度の違いで、ウィンドウサイズのずれが出ますが、ラインオブジェクト、チャートの設定は正しくコピーされています。

2.1台のパソコンで、複数の証券会社のMT4間でチャートを同期する

1台のパソコンに同じ証券会社のMT4を2つインストールしている方はまれだと思いますので、1台のパソコンの同期は、違う証券会社のMT4間でチャートを同期するとしました。

※注意 証券会社が違うと配信レートが異なるので、価格データを固定で持つラインオブジェクトは表示がずれることがあります

A.準備

1.同期を取る各MT4のカスタムインディケーターは、同じものをインストールします。
 (同期するチャートで使用していない場合は必要ありません)

2.同期を取る各MT4のエキスパートアドバイザーは、同じものをインストールします。
(同期するチャートで使用していない場合は必要ありません)

B.同期元となるMT4でチャートグル―プを作成する

1.コピーするチャートの確認

現在分析してトレードしている、同期したい通貨ペアのチャートが全て開かれていることを確認します。

MT4チャートグル―プデフォルト表示

2.組表示の名前を付けて保存を選択します。

MT4組表示(チャートグル―プ)名前を付けて保存する

3.「MychartGroupe」等お好みの名前を付けて保存します。

MT4組表示(チャートグル―プ)名前を付けて保存する名前を入力

C.チャートグル―プの定義をコピーして同期する

1.コピー元のMT4で『データフォルダーを開く』を選択してデータフォルダーを開きます

MT4データフォルダーを開く

データフォルダーの「profiles」フォルダーをクリックして開きます。

MT4のデータフォルダーを開いた最上位フォルダー

「MyChartGroupe」というフォルダーがあることを確認します。

MT4組表示(チャートグル―プ)の定義が保存されているフォルダー

2.コピー先のMT4を起動し『データフォルダーを開く』を選択してデータフォルダーを開きます

この時、コピー元のデータフォルダーとコピー先のデータフォルダーを混同して間違わないように十分注意ください

見分け方は、32桁の16進数で名前が付けられたフォルダー名の違いで確認するしかありませんので、MT4からフォルダーを開く時にこのフォルダー名を確認して、どちらのMT4から開いたフォルダーか確認します。

MT4データフォルダー名コピー元とコピー先の違い

コピー元のデータフォルダーのprofilesの中の「MyChartGroupe」フォルダーをコピー先のデータフォルダーのprofilesフォルダーの中にコピーします。

3.コピー先のMT4を再起動します

4.チャートグル―プ(組表示)から「MyChartGroupe」を選んで表示します

MT4組表示(チャートグル―プ)コピー先での表示