チャネルライン

Pocket

チャネルには、経路、水路、溝、道筋、等の意味があります。また、価格は往々にして2本の平行線の中で動くことがあります。FXのテクニカルでいうチャネルは2本の平行なラインで囲まれた範囲を経路のように価格が動くことをチャネルの中での値動きと言います。
価格がチャネルの中で動くのか、チャネルを超えて大きく動くのか、チャネルラインを引いてトレードのエントリーとエグジットに活かします。

1.チャネルラインの引き方
2.チャネル内の値動き
3.チャネルを逸脱

1.チャネルラインの引き方

値動きを観察する2本の平行線(チャネルライン)の引き方は大きく2通りあります。

MT4でのチャネルラインの引き方はこちらを参照して下さい。

トレンドラインをベースとしたチャネルライン

 

チャネルライン(トレンドラインベース)の例

トレンドラインをベースとしたチャネルラインはトレンドラインをベースとしたチャネルラインです。
チャネルのペアラインは、上昇トレンドであれば、トレンドラインと平行に安値と安値の間の高値を通るラインです、下降トレンドであれば、トレンドラインと平行に高値と高値の間の安値を通るラインです。

アングル変化のチャネルライン

チャネルライン (アングル変化)の例

アングル変化のチャネルラインは、上昇トレンドであれば、高値と高値を結んだラインをベースラインとし、チャネルのペアラインは高値と高値の間の安値を通るラインです。
下降トレンドであれば、安値と安値を結んだラインをベースラインとして、チャネルのペアラインは安値と安値の間の高値を通るラインです。

2.チャネル内の値動き

トレンドラインをベースとしたチャネルライン

チャネル内の値動き (トレンドラインベース)の例

チャネルラインの中で価格が動くことを確認できれた時に、保守的にトレードするのであればチャネルのペアライン付近をロングポジションの利確のターゲットとして利用するトレード方法があります。
積極的にリスクを取るトレードをするのであれば、ペアライン付近でショートのポジションを取るトレード方法があります。

アングル変化のチャネルライン

チャネルライン内の値動き (アングル変化)の例

アングル変化のチャネルラインも基本的にはトレンドラインをベースにしたチャネルラインと判断は同じです。
一つ言えるのは、アングル変化のチャネルラインが引けるということは、トレンドの勢いが弱まってきている可能性があるということです。
アングル変化のチャネルラインの傾きが非常に緩やかである時、積極的にリスクを取るトレードをするのであれば、アングル変化のベースライン付近でショートのポジションを取るトレード方法があります。

保守的にトレードするのであればチャネルのペアライン付近をロングポジションの利確のターゲットとして利用するトレード方法を選択すべきでしょう。

3.チャネルの逸脱

トレンドラインをベースとしたチャネルラインの場合

チャネルの逸脱 (トレンドラインベース)の例

上昇のチャネルにおいてチャネルペアラインを超えて、チャネルの情報へ突き抜けてしまう場合は、現在のトレンドが強く加速されている状態と判断し、ポジションを積み増す(ピラミッディング)ポイントと判断するトレーダーもいます。

アングル変化のチャネルラインの場合

チャネルの逸脱 (アングル変化)の例

上昇トレンドの途中で、引くことができるアングル変化のチャネルラインはトレンドの勢いが弱まっていることを示唆する場合があります。
この状態で、チャネルペアラインをブレイクする時はトレンドが反転する可能性が非常に高まっています。

添付の図、チャネルの逸脱(アングル変化のチャネル)を参照して下さい。
どこかで見たチャートパターンでは無いでしょうか、そうですヘッドアンドショルダーですね。
この例の場合少しずれていますが、チャネルペアラインがヘッドアンドショルダーのネックラインとなっています。

アングル変化のチャネルラインを引くことにより、他のパターンを見逃しても結果としてエントリーポイントを発見する確率は高くなります。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です