メタエディターの起動 初期画面と初期設定

Pocket

メタエディター(Meta Editor)はMQL4でプログラムを開発する開発環境を提供しています。ここでは、初めてメタエディターを開くときの注意点を紹介します。
MT4では、プログラミング言語MQL4を使ってエキスパートアドバイザー、カスタムインディケーター、スクリプト等のプログラムを作成することができます。これらのプログラムは自動トレードを実行したり、新しいアイディアのインディケータを実行したりすることができます。

1.メタエディターの起動方法
2.日本語表示にしましょう
3.ヘルプを開いて、英語のままの時は
4.データフォルダーについて(EA、インディケーター、スクリプトの保存場所)
5.ナビゲーターウィンドウを表示する

1.メタエディターの起動方法

・ツールバーから起動する

MT4ツールバーのメタエディターの起動ボタンをクリックします。 

MT4メタエディターをツールバーから起動する

・メニューバーから起動する

MT4メニューバーのツール→メタエディターを選択します。

MT4メタエディターをメニューから起動するから

・F4キーで起動する

MT4のウィンドウでF4キーを押します。

2.日本語表示にしましょう

メタエディターを初めて開くと英語バージョンで開きます

メタエディターのメニューバー → View → Languages → Japanese を選択します。

MT4メタエディター初期画面英語版

言語の変更を適用するにはメタエディターの再起動が必要なので、restart ボタンをクリックしてメタエディターを再起動します。

MT4メタエディター再起動

メタエディターが日本語で表示されて起動しました。

MT4メタエディター初期画面日本語版

ヘルプを開いて、英語のままの時の対応

メニューバーのヘルプ→ヘルプトピックスを開いて、ヘルプの言語が英語のままの時は、以下の手順を試してみてください。

1.メニューバーのツール→オプションを選択して、オプションウィンドウを表示する。

MT4メタエディターオプション設定をメニューから表示する

2.オプションウィンドウのヘルプをクリックする。

MT4メタエディターオプションウィンドウ

3.メタエディターユーザーガイドが日本語で表示されます。

MT4メタエディターユーザーガイド日本語

3.データフォルダーについて(EA、インディケーター、スクリプトの保存場所)

MT4で実行するEA、インディケーター、スクリプトは必ずMT4のデータフォルダーの中のそれぞれのフォルダーの中に保存しなければなりません。

データフォルダーの開き方とPC上の場所について
メニューバー → ファイル → データフォルダーを開くを選択します。

MT4データフォルダーを開く

以下のようなフォルダーウィンドウが開きます。

MT4メタエディターデータフォルダーの構成

上部がMT4のデータフォルダーの最上位下位層となります。
下部がプログラム関連のMQL4フォルダーの構成となります。

データフォルダーのPC上の場所
Windows7の場合
C:\Users\UserName\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\71808ACDDF4589A555C107AF1E5AEBA0

1つのPCに複数のMT4がインストールされている場合、32桁の「71808ACDDF4589A555C107AF1E5AEBA0」で識別します。
証券会社が同じでも、MT4が二つインストールされていれば、32桁のフォルダーの識別IDは異なります。

EA、インディケーター、スクリプトの保管場所はそれぞれ以下の通りです。

EAエキスパートアドバイザー:\MQL4\Experts

インディケーター:\MQL4\Indicators

スクリプト:\MQL4\Scripts

4.ナビゲーターウィンドウを表示する

MT4で稼働するプログラム類を保管したMQL4フォルダーをナビゲートするウィンドウをメタエディターの左側に表示することができます。

メタエディターのメニューから開く メニュー → 表示 → ナビゲーター

MT4メタエディターのナビゲーターをメニューから開く

ツールバーから開く ツールバーの「MQLライブラリーを開く」ボタンをクリックする

MT4メタエディターナビゲーターをツールバーから開く

ナビゲータウィンドウへは、MT4のプログラム類が保存されている、\MQL4\以下のフォルダーが表示されます。

MT4メタエディターナビゲーター右クリックで処理

ナビゲータウィンドウから、修正するプログラムを選択して右クリックで、ソースを開いたり、コンパイルすることができます。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です