MT4長方形の使い方

Pocket

テクニカル分析で、トレンドの継続パターンの一つにレクタングルフォーメーションがあります、また、レンジを監視しレンジブレイクを狙ったり、レンジ内の上限下限でトレードする等、ト水平線を引いて長方形を作り分析する方法もありますが、他の分析のラインと重なって少し見づらい時等は、長方形を使うと見やすく使い勝手が良いのでその使い方を紹介します。

1.長方形をチャートへ挿入する。
2.長方形を修正する
3.過去チャートで上位時間軸の指定範囲を下位時間軸のチャートで確認

1.長方形をチャートへ挿入する

A.長方形を挿入モードにする

メニューバー 『挿入』 → 『図形』 → 『長方形』 を選択します。

MT4メニューバーから挿入の図形の長方形を選択します

ツールバーに長方形ボタンを表示してそこから長方形の挿入モードにすることもできます。
詳細は、こちら(MT4ツールバーをカスタマイズする)を参照ください。

B.長方形の対角の2点を指定します

長方形の入力状態になると、カーソルが下側に ☐  のついた + マークに変わります。

1.長方形の対角の頂点2点を決めます

MT4長方形の対角の頂点2点を決めます

2.2つの頂点の片方でドラッグ(マウスの左ボタンを押したまま)して、対角のもう1点へカーソルを移動しマウスの左ボタンを離します。

MT4長方形(レクタングル)を挿入します

2.長方形を修正する

A.修正の為に”選択”します。

長方形の4つの頂点のどれかにカーソルを合わせて、ダブルクリックして”選択”します。
長方形を”選択”した状態にすると各頂点と長方形のほぼ中央にに小さな『 □ 』が表示されます。

MT4長方形を選択した状態の説明

B.位置を修正する

選択した状態で長方形の頂点の『 □ 』を左ボタンでクリックしたまま、頂点の位置を移動し目的の位置に合わせてからマウスの左ボタンを離します。
残りの頂点についても同様に『 □ 』をマウスの左ボタンでクリックしたまま、頂点の位置を移動し目的の位置に合わせてからマウスの左ボタンを離します。

C.位置を正確に設定する

選択した長方形にマウスを合わせて右クリックメニューを表示し、『rectangleプロパティー』を選択します。

MT4 Rectangleウィンドウのパラメータタブで位置を指定する

rectangleウィンドウが表示されるので、『パラメータ』タブを選択します、時間と価格のエリアが二つ表示されます。
1.左上の頂点となるローソク足の時間と高値を上側の時間と価格のエリアに入力します。
2.右下の頂点となるローソク足の時間と安値を下側の時間と価格のエリアに入力し、『OK』ボタンをクリックします。

D.色を修正する

長方形は全般タブで色を設定できます。

MT4長方形の色を指定します

rectangleウィンドウの『全般』タブの色を指定します。色はお好みの色で良いと思いますが、チャートの見やすさを考量して、なるべく薄い色を選択されると良いでしょう。

E.線の種類を修正する

背景として表示をオフの時に有効です。

MT4長方形の線の種類を指定します

長方形の3点を結ぶ線の種類を指定します。
(但し、線の太さが一番細い時のみ選択可能)

F.線の太さを修正する

背景として表示をオフの時に有効です。

MT4長方形の線の太さを指定します

長方形の3点を結ぶ線の太さを指定します。

G.背景として表示

指定色の長方形を表示するのであれば、背景として表示をチェックしたままにして下さい。

MT4長方形を塗りつぶし無しとする時は、背景として表示をオフにします

背景として表示のチェックを外すと、指定色の線で囲まれた長方形となります。

3.過去チャートで上位時間軸の指定範囲を下位時間軸のチャートで確認

過去チャートを分析する時に、例えば、1時間足のチャートで上昇トレンドの範囲を、15分足のチャートで確認しようとする時に長方形を使うと、非常に簡単にトレンドの範囲をわかりやすくできます。

1時間足のチャート上で、下位時間足で分析したいトレンドの範囲を長方形で囲みます。

MT4過去チャートで分析したい上位時間足の範囲を指定します

15分足に切り替えると1時間足で指定した範囲に長方形の塗りつぶされた範囲が重なります。

MT4下位の時間足に切り替えると指定した範囲が長方形で塗りつぶされていますので確認が容易です

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です