MT4チャート上に注文情報を表示する

Pocket

指値の注文、オープン状態の注文の変更を操作する方法は、ターミナルウィンドウの取引タブに表示されている変更したい注文を選んで、右クリックメニューを表示して、『決済注文』または『注文の変更または取り消し』を選択して、操作することができます。
また、チャート上に注文情報を表示しておき、表示された注文情報から変更を操作する方法があります。
チャート上に注文情報が表示されると、指値の価格、ストップロスの価格、利確の価格がラインで明示されるので、チャートポイントとの比較が容易になり、ポジションの管理と操作性が格段に向上します。
ここでは、チャート上に表示された注文情報から変更を操作する方法を説明していきます。

MT4チャート上に注文情報を表示する

チャート上にオープン状態または指値注文のラインが表示され、ポジションがオープンされた価格、指値の価格、ストップの価格(S/L)または利確の価格(T/P)がラインで表示され一目で確認できるようになります。注文が無い場合はラインは表示されません。また、クローズされたポジションも表示されません。
表示されたラインを選択して右クリックメニューを表示し注文を操作できます、表示されたラインをドラッグして移動して変更価格を操作できるようになります。

設定方法

MT4ウィンドウメニューバー 『ツール』→『オプション』を選択します。

MT4メニューバーのツールのオプション

表示されたオプションウィンドウの『チャート』タブをクリックして、『チャート上に建て玉と注文を表示』をチェックします。『OK』ボタンをクリックします。

MT4チャート上に建玉と注文を表示する設定

『ドラッグによる取引変更にAltキーを使う』というオプション項目について

チャート上に注文情報を表示すると、誤ってラインをドラッグして誤操作が発生する可能性があります。
この誤操作を避けるために、変更を意図する時は、『ALT』キーを押しながらでないと注文情報のラインをドラッグできないようにする機能です。誤って注文情報のラインをドラッグしてしまいそうな方は、ここのチェックすることで、Altキーを押さない限りチャート上からのドラッグによる取引変更は出来ないようになります。

表示された注文情報について

注文がオープンした価格のラインとストップロスのライン、利確のラインが表示されます。

MT4チャート上に注文を表示した状態

それぞれのラインの表示状態は以下の通りです。

一点鎖線で表示されます。
ラインの左側に情報が表示されます。

オープン価格のライン(または指値の価格のライン):

注文番号+注文種別+数量(ロット) が表示されます。
例) #28909313 buy stop 0.10
線の色は、チャートプロパティーの出来高で指定された色で表示されます。

ストップロスのライン:

注文番号+sl が表示されます。
例) #28909313 sl
線の色は、チャートプロパティーのストップレベルで指定された色で表示されます。

利確のライン:

注文番号+tp が表示されます。
例) #28909313 tp
線の色は、チャートプロパティーのストップレベルで指定された色で表示されます。

一つの通貨ペアで複数の注文を持っているケースで、価格が非常に近い場合は注文情報のラインが重なり、操作しようとしてもうまく目的の注文を選択できないケースもあります。
その場合は、ターミナルウィンドウの取引タブから操作する方法を選択されることをお勧めします。

Pocket

MT4チャート上に注文情報を表示する」への2件のフィードバック

  1. 辻 陽一

    『ドラッグによる取引変更にAltキーを使う』これ、利用させていただいていますが、元に戻す方法はどのようにすればよいですか。

    返信
    1. SiteOwner 投稿作成者

      元に戻すという意味は、設定を元に戻すという意味でしょうか、それとも、変更したsl、tpの価格を元に戻すという意味でしょうか?
      設定を元に戻すのであれば、オプションウィンドウの『ドラッグによる取引変更にAltキーを使う』のチェックを外して、『OK』をクリックして変更してください。

      Altキーを押しながら、sl、tpの注文情報をドラッグして変更した価格を元に戻すのであれば、もう一度Altキーを押しながら注文情報をドラッグして元の価格に自分で変更する必要があります。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です