MT4の注文の発注ウィンドウとその表示方法

2.MT4の注文の発注ウィンドウの入力項目

1.注文種別 : 成行注文の場合

MT4成り行き注文時の注文の発注ウィンドウ

A.通貨ペア

発注したい通貨ペアを選択します

B.数量

半角数字を入力します。ドロップダウンリストで選択するか、直接入力もできます。

C.決済逆指値(S/L)

損切り(ストップロス)を実行する価格を、半角数字で入力します。
上下矢印ボタン([▲]ボタン、[▼]ボタン)をクリックして値を修正することができます。
買い注文の場合現在の価格(Bid)より安い価格でなければなりません。
売り注文の場合現在の価格(Ask)より高い価格でなければなりません。

D.決済指値(T/P)

利益を確定を実行する価格を、半角数字で入力します。
上下矢印ボタン([▲]ボタン、[▼]ボタン)をクリックして値を修正することができます。
買い注文の場合現在の価格(Bid)より高い価格でなければなりません。
売り注文の場合現在の価格(Ask)より安い価格でなければなりません。

E.コメント

文字でコメントを入力することができます。

F.注文種別

成行注文を選択します。

2.注文種別 : 指値または逆指値注文(新規注文)の場合

MT4指値または逆指値注文の注文の発注ウィンドウ

A.通貨ペア

発注したい通貨ペアを選択します

B.数量

半角数字を入力します。ドロップダウンリストで選択するか、直接入力もできます。

C.決済逆指値(S/L)

損切り(ストップロス)を実行する価格を、半角数字で入力します。
上下矢印ボタン([▲]ボタン、[▼]ボタン)をクリックして値を修正することができます。
買い注文の場合指値注文価格より安い価格でなければなりません。
売り注文の場合指値注文価格より高い価格でなければなりません。

D.決済指値(T/P)

利益を確定を実行する価格を、半角数字で入力します。
上下矢印ボタン([▲]ボタン、[▼]ボタン)をクリックして値を修正することができます。
買い注文の場合指値注文価格より高い価格でなければなりません。
売り注文の場合指値注文価格より安い価格でなければなりません。

E.コメント

文字でコメントを入力することができます。

F.注文種別

指値または逆指値注文を選択します。

G.指値または逆指値注文注文欄

G-1.注文種別

Buy Limit:指値買い注文
Sell Limit:指値売り注文
Buy Stop:逆指値買い注文
Sell Stop:逆指値売り注文

G-2.価格:

注文を実行する価格を半角数字で指定します。
上下矢印ボタン([▲]ボタン、[▼]ボタン)をクリックして値を修正することができます。

H.有効期限

指値または逆指値注文は有効期限を、日付と時刻で指定できます。
指定した日時までに約定しなければ、注文は自動的に取り消されます。
チェックをはずすと無期限となります。市場状況が変化した場合手動でキャンセルする必要があります。

I.『現在価格から○○ポイント圏内の注文は発注できません』について

指値買い注文時:価格は現在価格(Ask)から○○ポイント以上安い価格の必要があります。
指値売り注文時:価格は現在価格(Bid)から○○ポイント以上高い価格の必要があります。
逆指値買い注文時:価格は現在価格(Ask)から○○ポイント以上高い価格の必要があります。
逆指値売り注文時:価格は現在価格(Bid)から○○ポイント以上安い価格の必要があります。
※ 1Pips = 10ポイント です

MT4では、OCO注文(one cancel the other order)は、残念なことに、標準機能では注文できません。OCO注文をMT4で実現する件については、別記事でふれたいと思います。
※OCO注文:売りと買いの注文を入れておいて、片方が約定した時に、未約定の注文をキャンセルする注文方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です